厳密に言えば

ボルダリングという競技について話をすると出てくるのは、ロッククライミングとの違いは何ですかという点だ。これは先ほどの項目でも話しましたが、起源としては同じものであり、原点はフリークライミングを嗜んでいるクライマーたちが普段の練習として気軽に行える訓練競技、というのが全ての始まりとなっています。ここまではいいとして、ではそれ以外に何か明確とも言える違いはあるのかという点について考えてみたい。

訓練といっても、ロッククライミングとボルダリングでは全く競技の中身は違います。どちらも大事故に繋がる可能性は高いですが、前者は人工的に作られた壁ではない自然の中でクライミングをしていた場合には、最悪死亡事故へと繋がるケースも多い。つい先日も日本でクライミングをしていた高齢の男女二人が死亡したという事件まで発生しています。ボルダリングについてはそうした事故は極力起きないとはいっても、だからといって一歩間違えると大きな怪我となる可能性は十二分にあるため油断だけはダメだ。

本質的な部分ではどちらも同じものですが、ボルダリングとロッククライミングの違いについて詳細に話をしていきましょう。

具体的な違いとして

それぞれの違いを知るため、最初は各々の競技がどのようなものなのかという概要から説明していこう。

ロッククライミングとは

まず最初にロッククライミングですが、こちらは『岩壁をよじ登っている』がテーマだ。専門家に言わせれば登山の一種となっていますが、一般的にはそんなアクティブかつリスキー過ぎる選択肢を取ることはないので、スリルを求めている人が基本的にやるスポーツではないのかと考えている人が多いでしょう。それも間違った意見ではない、なにせ基本登山が困難な山を中心に岩壁伝いに登るというのだから、常軌を逸していると言われてもしょうがないかもしれない。

ですがそうした危険な行為はせず、屋内で気軽に楽しむことに専念しているクライマーもいるそうです。

ボルダリングとは

次にボルダリングについてですが、クライマーが普段の練習で行うといっても基本的には壁をよじ登ることに変わりありません。ただロッククライミングとは違い、完全に『屋内』で行う協議となっています。よじ登る壁にしても高さは3~4m前後となっており、きちんと着地していればケガはない安全性についてはそれほど心配することもない物となっています。

こんな違いも

ロッククライミングとボルダリング、この2つがどういう競技なのかは上述に書いた通りなっています。ではここからは実際に違いという違いを取り上げてみよう。まずは簡単にまとめてみると、このようになっている。

ロッククライミング ボルダリング
拠点 屋外or屋内 屋内中心
道具 多種多様 シューズとチョークのみ
危険度 高め 低め
人数 複数 単独

このようになっています。

屋外か屋内、危険性についてもそうですがここで注目したいのが、競技をする上で使用する道具の種類についてです。ロッククライミングはプレイする上で、色々な道具を用意しなければなりません。基本命がけの競技となっているため、命綱となるロープやハーネスは勿論のこと、さらに数日と掛けて岩壁をよじ登ることを想定したテントなども持って登るといいます。もう普通の人間がする競技ではないのが浮き彫りになっていますが、対してボルダリングで使用する道具はたったの2つです。

チョークとシューズ、この2つの道具を用いて手と足、そしてどのように壁をよじ登るかを検討する頭脳が必要だと言われています。身なりの軽さは断然ボルダリングの方が圧倒的です。スリルを求めている人はロッククライミングを基本しているかと思いますが、色々と持ち歩かなければならないため動きづらそうではあります。

こんなところが良いと言われるボルダリング

また、ボルダリングをしている人がよく挙げる競技の良いところといわれているのが、1人でも気軽に出来るということだと言います。ロッククライミングの場合、数名と行動を共にしなければならないため、団体行動が苦手な人は少しばかり苦労することもあると言われています。ボルダリングはそうではない、個人でいつでも気軽にすぐ始められるのが利点となっているのです。単独で黙々とやっていても文句を言われない、自分の問題を自分で片付けるための課題解決に尽力できるのも良いと言われています。

だからこそ人気か

スポーツが好きな人は多いでしょう、ですが競技によって得手不得手は存在するものです。特に団体行動が苦手な人にしたらロッククライミングはパートナーとの連携も考えなくてはならず、自分のミスで相手の命さえも危うくなってしまう状況になりかねない。精神的な負担も多いのが見て取れますが、ボルダリングはそうでもない。無茶なことをしていればケガが発生することもあるかもしれませんが、やり方をきちんと守っているなら子供も気軽に夢中で楽しめる競技となっているので、日本でもブームとなっているようです。